新卒として入社して2年、3年と経ち、大抵の仕事もできるようになってきたプログラマーのあなた!収入はどれくらい上がりました?

ぶっちゃけ、そこまで上がっていないんじゃないでしょうか。月収30万円行っていない方が大半かと思います。

その癖、社会人2年目からは奨学金の返済や住民税の徴収が始まりますよね。

珍獣
新卒1年目の頃の方が余裕あったんじゃね?

と思ったのは僕だけではないはず!

Aさん
じゃあ給料上げてもらうためにもっと頑張ろう!

と思う方が多いんですが、ちょっと待った!

その前に、自分のスキルが一体市場ではどれくらいの価値があるのか把握していますか?

え?今いる会社の評価だけしか知らない?

それって、めちゃくちゃ勿体無いですよ? だって、月給が2、3倍まで跳ね上がる可能性を見逃しているかもしれないんですから

この記事では、フリーランスに焦点を当てて、どうやって自分の市場価値を知るのか、自分の価値を知ることによってどんなメリットがあるのかを紹介していきますね!

転職エージェントに会うだけでOK!

自分の市場価値を知るためにやることは、とても単純です。

転職エージェントに登録して、日程決めて、話を聞いてくる。

ただそれだけ。簡単ですね!

次に、相談することによって得られるメリットを紹介しますが、手っ取り早く相談したい方は、フリーランス転職のギークスがおすすめです。

登録して話を聞いてこよう!

転職エージェントに会うことで得られるメリット

客観的に自分の価値を把握できる

エージェントに自分のスキルをざっくり伝えて会いに行くと、どういった案件があるかを一通り紹介してもらえます。そこにある案件の月額報酬と、今現在の自分の収入を比較してみてください。

そこにある案件の月額報酬が、今のあなたのスキルの正当な評価です。

都内であれば、プログラマーとして2年も働いていたらフリーランスの場合月収60万円はカタいと思います。

実際にエージェントに登録すると

エージェント
ご自身のスキルシートを準備してくださると、ミーティングもスムーズになります!

と伝えられることが大半です。(紹介できる案件をあらかじめ探しておけるからですね。)

絶対に作らなければいけないものではないのですが、自分がどういった仕事をしてきて、どんなスキルを持っているのかをシートにまとめておくと、冷静に自分のスキルを見直すことができます。

僕の場合、エージェントに会ってからスキルシートを作成しましたが、1度どこかしらのエージェントのテンプレートに沿ってスキルシートを作っておきさえすれば、他でも流用できます。スキルシートの出来もみてもらうことができるので、ガンガン活用していきましょう。

価値を高めるために何が足りないのかわかる

実際に話を聞いてみても、残念ながら今のスキルでは思ったほど収入が伸びないことがわかったとしましょう。

Aさん
やっぱり僕なんてダメダメなんだな...

落胆する必要は全くありません!

やるべきなのは、「どういったスキルを身につけると、市場から求められる人材になるか」を聞くことです。

今仕事で使っている技術が、市場からあまり求められていないようであれば、

  • 自分で勉強してスキルを身につける
  • 金額は変わらなくても価値の高い技術を扱う仕事を見つけて転職する

といった次の手を考えられるんです。

ただただ、今の状況を嘆いていても変わりません。何をすれば価値が上がるかを知れるだけでも大きなメリットだと思います。

凝り固まった思い込みを崩せる

1つの会社にずっと在籍していると、そこの会社の普通が、自分にとっての普通の基準となっていきます。

例えば、今いる会社では、

Aさん
ぼくのスキル大したことないしな...

と思っていたとしましょう。

でも、転職エージェントに会って話をすることで

「そもそも現在の会社のレベルが高く、市場全体で見ると自分のスキルはかなり高い」

という真実に気づくことができるかもしれません。

スキルの高い仲間と開発ができることはプログラマーにとって非常に喜ばしいことなので、もちろん会社に残る道も全然ありだと思います。

ただ、

「市場全体で見ればスキルが高い」という事実に気づくことができれば、何かあったときも大丈夫だなと思えますし、嫌なことをじっと我慢する必要はないんだということに気づくことだってできるんです。

こればっかりは、実際に行って聞いてみないとわからないものです。

おすすめの転職エージェント3選

僕が実際に登録してよかったと思うエージェントを紹介しますね。個人的には、1つのエージェントだけだと

珍獣
エージェントに不当に中抜きされてないかな...

と不安になるタイプなので、少なくとも2つは登録して話を聞いて見ることをおすすめします。

ギークスジョブ(geechs job)

僕が一番お世話になっていて、一番おすすめなのがギークスジョブです。

僕は今、札幌にいながらフリーランスの仕事を受けているのですが、案件数が少ないながらもフルリモート案件をいくつも紹介してくださったのはギークスジョブだけでした。

案件の単価(報酬)も、業界最大手のレバテックフリーランスに引けを取らず、85%以上のエンジニアが年収850万円以上

また、他のエージェントと比べるとサポートが充実しているのが特徴です。3人の専属担当が付き、何か質問や疑問があればLINEでやりとりするフランクっぷりです。レスは早いし丁寧なので、めちゃめちゃやりやすい。

初めに相談に行くにはうってつけのエージェントです。マジおすすめ。

ミッドワークス(Midworks)

最近何かと評判がいいのが Midworks です。

他のエージェントにはない魅力として、まるで正社員であるかのような保障があります。下手すると正社員以上ですね。

  1. 自身のスキルから予想月単価を算出し、その80%を保証してくれる!
  2. 社会保険料を半額負担してくれる!
  3. 書籍・勉強会費を¥10,000/月まで受け取れる!
  4. 交通費を¥15,000/月まで支給してくれる!

ただし、マージン率は一律20%と、まぁまぁ取ります。ここに関しては交渉できませんが、公開・クリアになっている点でかなり良心的です。

関東圏内だけで、案件数も他のエージェントと比べるとまだ少ないですが、フリーランスの欠点である「一時的に案件がなくて働けないかもしれない」 という不安まで解消してくれるので、すごいサービスだと思います。

「正社員の給与との比較」はもっともしやすいと思うので、自身の市場価値を知っておく上でもおすすめできます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは業界知名度No1、業界最大級の案件数のサービスです。

他のエージェントと同じ案件もあるので、案件価格が妥当かどうかを比較してチェックするには、一番適しています。

最大手なだけあり、他のエージェントでは扱っていない高単価な案件もかなりあるので、自分のスキルでの最高額までしっかり知っておきたい!という方は登録推奨です。

最後に 〜いいからとりあえず会ってこい〜

別に今すぐ転職したい方だけが、転職エージェントに会いに行くわけではないんですよ。

実際に話を聞きに行ってみて、自分の市場価値を知って、やっぱり今の会社にいたいと思えるのであれば、それはそれで納得できてるわけですしいいじゃないですか。

ただ聞きに行くだけで

  • 今の仕事がなくなっても生きていける!
  • 自分のスキルは実はかなり市場価値が高い!
  • 今以上に興味を持てる仕事があった!

こんなことに気づける可能性が高いんです。

何も知らずに選ばされている状態 と、すべて承知した上で自分で選択している状態 では、天と地ほど差があります。

この差を産むのは、ただ「知っているかどうか」です。知るための行動はいたって簡単。

「転職エージェントに話を聞きに行くだけ」

流されず、自分で自分の人生の舵をとって生きていこうぜ!

珍獣でした!